宮司だより
宮司だより
  • 【No.485】2019.04.12

この4月10日14時から国立劇場で行われた天皇陛下御即位30年「感謝の集い」に出席してきました。
開式後、安倍首相ほか与党関係者が祝辞を述べ、北野武さん、京都大学山中伸弥先生と祝辞が続きました。
そして最後に日系ブラジル人高校生宮崎真優さんが祝辞を述べました。
北野武さんは、少し悪ふざけが過ぎたように感じました。が、祝辞の内容はとても素晴らしかったと思います。
そして、山中教授は研究者としての今上天皇について述べられ、こちらも私たちの知らない今上天皇の側面を伺うことができてとても感動しました。
でも、最後の宮崎さんの祝辞には参列していた多くの人が心を動かされ涙を流しました。そして祝辞の後は大きな拍手が誰よりも長く続きました。
他の方が皆、紙に書いた原稿を読まれていたのに対して宮崎さんは原稿なし。日本語を勉強中とのことですが、完璧な日本語で発音を聞いた限りブラジル人だとは思えませんでした。
マスコミは北野武さんの祝辞のことばかりを取り上げ持ち上げていますが、宮崎さんの祝辞をなぜ取り上げないのか。あの素晴らしい祝辞をなぜ出席できなかった日本の皆さんに紹介しないのか。このようなマスコミの報じ方をみて、とても悲しい気持ちになりました。

| 2019-04-12 | 宮司だより | 記事▼ |