宮司だより
宮司だより
  • 【No.411】2011.10.30

世田谷区八幡山のスーパーの敷地内で高放射。
世田谷区弦巻に続いて、今回も原発は関係ないという。
原発事故がなければ、おそらく今も、この先も気づかずに周辺住民は生活していたのだろうと考えると恐ろしくなる。

スーパーというので駅前を想像してたが、地図を見て驚いた。
高放射の場所は私が大学時代4年間過ごしたラグビー部合宿所から400mしか離れていないよく知る場所だった。

すぐ近くには公立の中学校もあり、スーパーにも毎日大勢の人が買い物にいたのだろうと考えると心配になる。

目に見えない放射能だけに、これを機に各所できちんと調査をすすめて欲しい。

| 2011-10-30 | 宮司だより | 記事▼ |
  • 【No.410】2011.10.13

隣町の弦巻5丁目で高い放射線量が計測されたとニュースで報じられた。
ネット上にあるNHKのニュース画像を見てみると、どこかで見た風景。
あの辺りかなと思いつつ正確な場所を調べてみると、当たってました。

桜神宮からは1kmちかく離れているものの、その付近には友人の家もあります。
私の母校松ヶ丘小学校にも近い場所なので、皆さん、どうかお気をつけ下さい。

| 2011-10-13 | 宮司だより | 記事▼ |
  • 【No.409】2011.10.07

スティーブ・ジョブスの訃報は世界中に配信され、同時に2005年のスタンフォード大学の卒業式のスピーチの映像をあちこちで目にすることになった。
以前からこの時のスピーチを聞きたい(読みたい)と考えていたので、早速「YOU TUBE」で見てみることにした。

このスピーチが紹介される時、またジョブスの名言が紹介される時に必ず「人生は時間は限られているので他の誰かの人生を生きて時間を無駄にしてはいけない。ドグマにとらわれず、他の人の考え方に流されず、自分の直感に従って生きて欲しい。」「ステイ・ハングリー」「ステイ・フーリッシュ」という部分が強調される。

でも彼のスピーチの中で私が一番好きなのは「人生に起こる様々な出来事(点)は振り返ってみると皆つながっている」という部分だ。

大学を中退した後も興味がある授業にもぐりこんでいたことが、マッキントッシュを作る上で重要であったこと。
アップル社が大きくなった後、解雇されて作った会社で新しい大きな業績を残せ、それが後にアップル社への復帰に繋がったこと。そしてそれが同時にアップル社を救うことになったこと。
また、その会社で妻と出会ったこと・・・

振り返ってみると苦しいなかでもがき苦しみながらも自分の直感を信じて取り組んできたこと(点)が数年後には全て線となって、ひとつひとつの点が自分の人生にとって非常に重要だったことが分かる。

これは「人生万事塞翁が馬」に通じるところがある。

人生には色々なことが起こる。
楽しいこと。
嬉しいこと。
悲しいこと。
苦しいこと。
でもそれらを受け入れて乗り越えてこそ、人生に花は開くのであり、はじめて点と点が線でつながるのであろう。

もしかしたらジョブスは「時の神」に使われたのかもしれない。
その時代に必要な変化をもたらし、大きなことを成し遂げて、役目を終えるとあっという間に消えてゆく・・・

次の世代に大きな変化と多くの影響を与えてくれたジョブスに心から感謝したい。

| 2011-10-07 | 宮司だより | 記事▼ |