宮司だより
宮司だより
  • 【No.482】2018.4.6

土俵の上に女性が上がって良いかどうか?
これを論ずるには、相撲は興行か神事か?
興行であっても神事的要素を残したものか?
単なる興行か?
から考えないといけない。

皆さんは、土俵開きの際に神職を呼んで祭儀を行って神を降ろし、千秋楽で神を送っていることをご存知だろうか?
これはつまり場所中の土俵には神が宿っているということであり、そうなると相撲は神事ということになる。
実は、私はこのことは知らなかった。だからマスコミの言う通り協会の対応はおかしいと思っていた。

神事だとすると女性が土俵に上がってはいけないと言うのは、伝統だからではなく、宗教上(神道的な)の理由であり、いかなる理由があっても場所中に土俵上に女性は上がるべきではないということになる。

今回の市長が重大な病状で倒れたという状況の中でも、女性は上がるべきでなかったのだ。
協会が間違えたのは、救命している女性に土俵から下りるようアナウンスしたことではなくて、医療スタッフを土俵の近くに常駐させていたなかったこと、になる。
(ラグビーでは、トップリーグや国際試合には医師が必ずグランドに詰めている)

彼らプロの相撲取りは常に怪我と隣り合わせであり、もし障(さわり)があって怪我でもして、最悪の事態として相撲人生を終わらせるようなことになるのを恐れているはずである。だとしたら、社会の常識など当てはめず相撲界の価値観を尊重しなければならい。
相撲協会も「伝統」を理由にするのではなく「神事」であるから「宗教的な理由で」とすれば良いのだ。
その場合、もし単に時代にそぐわないという理由で批判するとしたら、それはあまりに軽率だ。
日本人として固有の文化や宗教を重んじるのであれば、世間一般の感覚や価値観ではなく、特別な、相撲なら相撲の、神道なら神道の価値観を尊重してこそ、その文化の価値が際立つのではないか。
もし社会の一般的な価値観を得意な文化や宗教に当てはめるのであれば、それはもはや文化でも宗教でもない。
女性が文化庁長官に就任したならば、代理で次長が土俵に上がれば良いし医療スタッフは全て男性にすれば良い。
それでも女性の文化庁長官を土俵にあげる必要があって、医療スタッフに女性を入れる必要があるのであれば、土俵開きの際に神降ろしなどせずに、安全祈願祭を行って、場所が終わったら感謝祭をすれば良い。
こうすれば、相撲は神事ではなく、単なる興行となって何の問題もなくなる。
女性だって自由に土俵に上げられる。
外国人力士が増え、横綱の品位の意味も曖昧になった今、別に相撲を神事と捉える必要もないだろう。
伝統的な要素を残した興行という位置付けにすれば、全てがしっくりくる。と私は思う。

| 2018-04-06 | 宮司だより | 記事▼ |
  • 【No.481】20181.1

あけましておめでとうございます。
平成30年が皆様にとりまして益々繁栄の一年となりますように。

| 2018-01-01 | 宮司だより | 記事▼ |
  • 【No.480】2017.09.22

防犯用ビデオで録画した動画を確認し、毎日賽銭を盗んでいたと思われる人物が今日も来たので巫女が声をかけましたが逃げられてしました。
すぐに警察が来てくれて諸手続きをしました。
毎日ご丁寧に盗みに来ていたようですが、まさか白昼堂々盗まれるとは思いませんでした。

| 2017-09-22 | 宮司だより | 記事▼ |
  • 【NO.479】2017.05.05

境内の河津桜にさくらんぼがなってます。毎年、さくらんぼはなっていたはずなのにその存在に気付きませんでした。鳥たちに啄ばまれないうちにどうぞお参りください。

| 2017-05-05 | 宮司だより | 記事▼ |
  • 【NO.478】2017.04.03

境内の染井吉野は三分咲きです(4月3日現在)。4月1日2日には沢山の方にお参りいただきましたが桜はまだまだ咲いておりませんでした。おそらく今週末から来週中頃にかけてが見頃ですので、皆さんのお参りをお待ちしております。

| 2017-04-03 | 宮司だより | 記事▼ |
  • 【NO.477】2016.08.09

先日、ある女性がご主人と共に訪ねて来てくださった。
ある女性とは数年前まで十年以上にわたって経理業務を担当してくださっていた女性だ。
退職し、定年間近なご主人と他県に移り住み、また東京に帰ってきたそうだ。
最近、病を患ったそうだが、今はとても元気そうだった。
お参りがしたいというので、一緒に拝殿に上がると「ずっとお参りに来たかった」と喜びながらその目には涙を溜めていた。
お参りの後、健康のことなどを中心にいろいろと話をしたのだが、その内容も楽しかったが、何よりも来てくれたことが何よりも嬉しかった。そして心からお参りに来たいと思い、お参りに来てくれたことが何よりも嬉しかった。
そして同時に、そんな風に神を思い祈る心に神様はお力を添えてくださるんだろうな。
そんな気がした。

| 2016-08-09 | 宮司だより | 記事▼ |
  • 【No.475】2015.3.29

河津桜は散ってしまいましたが、染井吉野が満開になりました。
この後はしだれ桜も咲き出します。
天気の良い日にお参りお待ちしております。

| 2015-03-29 | 宮司だより | 記事▼ |
  • 【No.474】2015.3.14

夜の河津桜はいかがですか?
現在、夜間は河津桜にスポットライトを当てて照らしています。
葉が出てきているので、そろそろ終わりそうです。
どうぞお早めお越しください。

| 2015-03-14 | 宮司だより | 記事▼ |
  • 【No.473】2015.3.6

境内のえんむすびの木の河津桜が満開です。
2月下旬になり寒さもひと段落と思ったら一気につぼみが開きだしてあっという間に満開になりました。
境内ではカメラやスマートフォンで桜を撮影をする方を目にします。
天気の良い日に是非お参り下さい。

| 2015-03-06 | 宮司だより | 記事▼ |
  • 祝紀元節

本日2月11日は、明治6年に神武天皇(神日本磐余彦尊)のご即位の日を以て「紀元節」としたものが、戦後一時廃止されましたが昭和41年「建国記念日」として復活したものです。

大前で紀元節祭を行い、賢所並びに橿原神宮の遥拝を行いました。

| 2015-02-11 | 宮司だより | 記事▼ |