桜神宮について
  • 桜神宮の創設
  • 神ならいの教え
  • 御祭神
  • 諸祭年間行事
  • 秘儀と神事
  • 宮司紹介
桜神宮の創建
ご祭神
天御中主神
(アメノミナカヌシノカミ)
古事記開巻第1の神
造化の神(つくりなすかみ)、万物全ての御祖の神
高皇産霊神
(タカミムスビノカミ)
神皇産霊神
(カミムスビノカミ)
気化の神(むすびなすかみ)
産は蒸すに通じ、万物が蒸し生まれる力を司る神
この両神と天御中主神が三柱の神で、世の生成の大元を司る
伊弉諾尊
(イザナギノミコト)
伊弉冉尊
(イザナミノミコト)
体化の神(かたちなすかみ)
形体あるもの全ての神
初めて夫婦となった神であり、人の祖神、縁結びの神
天照大御神
(アマテラスオオミカミ)
伊勢神宮内宮主祭神
天皇の御祖神
日本の総氏神
豊受大神
(トヨウケノオオカミ)
伊勢神宮外宮主祭神
穀物を司る神
倭姫大神
(ヤマトヒメノオオカミ)
神宮ご鎮座の御杖代の神
国常立尊
(クニトコタチノミコト)
大国主命
(オオクニヌシノミコ)
少彦名命
(スクナヒコナノミコト)
御嶽三神
健康、福徳、開運の神
鐃速日命
(ニギハヤヒノミコト)
鎮魂、健康の神
底筒男命
(ソコヅツオノミコト)
中筒男命
(ナカヅツオノミコト)
表筒男命
(ウワヅツオノミコト)
身滌、渡航の神
伊久魂大神
(イクタマノオオカミ)
鎮魂の神
水天宮大神
安産の神
正一位稲荷大神
衣食住、工業、商業、発展の神
菅原大神
学問の神