インターネット遥拝
宮司に相談
◆開運相談窓口
ご相談
【神社・神道】

神道では仏教の宗派のようなものはありますか?

宮司より

一般の神社に宗派はありません。しかし、神道となると話は別で、明治9年以降に教派神道といものが13派成立しました。神道でいう仏教の宗派となるとこれが該当します。

明治初期、国民を教化する教導職というものが設けられ、神社の神官(現在の神主)たちも人々を教え導いていましたが、これがうまくいかなかったために明治15年ごろには神官と教導職が分離され、神社は宗教ではなく、お祭りだけをするところになりました(戦後、神社も宗教になりました)。このため、何人かの神官たちが神官をやめて、教導職にとどまりました。

例えば、伊勢神宮大宮司田中頼庸(神宮教)、同筆頭禰宜後に龍田神社宮司芳村正秉(神習教)。出雲大社宮司千家尊福(大社教)、浅間神社宮司宍野半(扶桑教)、ほか。 また、当時神道系新宗教もあわせて教派神道が次々と成立して行きました。その数は明治期に13。この為、教派神道13派と呼ばれています。その13教派は黒住教、神道修成派、神宮教、大社教、扶桑教、実行教、大成教、神習教、御嶽教、神理教、禊教、金光教、天理教です。

ちなみに私どもは伊勢神宮からご神体を授かり、神習教として120年前から神道布教を行っております。